月と細胞

この曲の表示回数 6,398
歌手:

松崎ナオ


作詞:

松崎ナオ


作曲:

松崎ナオ


生まれて来てから何度
月を見たのだろう
あなたは私にとって
愛しさのカタマリ
心の熱さによって

髪が濡れ 足を組み
裸足で削る
爪を噛み 日にかざす
不安が痛い

少しでも 少しでも
少しだってはなれない
近づきすぎて
君が見えない
ほつれてゆくこんな心

近づいて近づいて
はなれて
たどり着いた場所
優しい強さ
柔らかい色
日の光受け続け
僕の中に月がある
君を照らす

どうしてボクはひとりで
泣いているのだろう
どうして月を見てると
懐かしくなるんだろう
心の熱さによって

かなしくて かなしくて
裸足を削る
爪を噛む 日にかざす
あなたが見える

泣きたくって泣きたくって
走って 走り続ければ
息苦しくて
耳が痛くて
とぎれた声の奥の声

少しだけ 少しだけ
日があたる部屋
舞い込んで
君が眠ている
ボクをみている
日の光受けつづけ
ボクの中に月がある
君を照らす

少しでも 近づきすぎて
はなれたくない
ほつれてゆくこんな想い
夢を見て
見上げたくなる
そんな夢見て
日の光受けながら
君を照らし続けるよ
月が見える
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月と細胞 歌手:松崎ナオ

松崎ナオの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-09-20
商品番号:ESCB-2168
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP