試聴する

突風

この曲の表示回数 1,175

心がモノクロームに侵されたあの日から
分厚い雲は晴れない

過ちという名の雷響く
甘い蜜月は終わりを告げて

張り裂けてゆく感情も この存在も消して
運命は悪戯な影法師
鏡のような世界で光見つけ合った
あの眼差しを

どうやらこの人生は突風が過ぎ去れば
全ては死ぬまでの余剰

償いという名の暇潰しだろう
時の流れにこの身を委ね

しらけてゆく魂を 抱いたままで踊れ
命が僅かでも望むなら
頼りない朝焼けが味気ない日々を
ただ照らしてく

後悔という名の土砂降りの中
愛しき声は届かなくなって

張り裂けてゆく感情も この存在も消して
運命は悪戯な影法師
鏡のような世界で光見つけ合った
あの人よ

消えない虚しさを 抱いたままで踊れ
誰もが風を待つ いつだって
人生を覆す突風吹き抜ける
その瞬間を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:突風 歌手:THE BACK HORN

THE BACK HORNの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020-10-19
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP