愛を知るには早すぎたのか

この曲の表示回数 6,923
歌手:

LUCA


作詞:

KAZUKI


作曲:

SHUJI


お前は誰かの子を宿しているという
産まれ落ちてきた事を呪いたくなるような裏切りにもだえる

体の痛みでしか俺は心の痛み消せない

運命の出逢いと信じてた 神は二人をもてあそぶ
壊れてくお前の流す涙は もう 汚れてる

俺は負け犬の顔をぶらさげ
誰かをキズつけながら生きてる
お前は何も知らぬかごの中の鳥
それを愛した俺は愚か者さ 笑ってくれよ

散り行く花 二人いつまでもずっと変わらぬ事を願う
君の髪風に揺れた 幼い日は遠ざかる

かごの中の鳥でいてくれたら
俺だけ見つめていてくれたなら
そう 愛を知るには早すぎた二人

こんな毎日に嫌気がさしてる
孤独と自由をはきちがえてる
きっとまた誰かが俺を愛してくれる
だから今日も不様な姿でさまよい続けてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛を知るには早すぎたのか 歌手:LUCA

LUCAの新着情報

  • Because / ♪繰り返されているあやまち
  • 海岸線の奇跡 / ♪がむしゃらに飛ばした海岸線
  • requiem / ♪冷たくなってくお前抱きしめた
  • Prayer / ♪あなたを忘れられない

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-10-25
商品番号:UPCH-5012
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP