わすれ傘

この曲の表示回数 8,758
歌手:

内田明里


作詞:

冬弓ちひろ


作曲:

杉本眞人


あれは初恋 片思い
兄貴みたいな人でした
淡い口紅 似合うひと
肩を抱き寄せ歩いてた

広い背中に 父親の
影をかさねて あこがれた
妻も子もある人だけど
離れられない恋でした

男は だれかの忘れ傘
あんたも だれかの忘れ傘

きっと幸せつかもうと
同じ名字をくれた人
ふいに天国 行っちゃって
抱いてくれない お星さま

二度と恋などしなくても
生きてゆけるわ 思い出と
だけど時々 寂しくて
ほんのつかのま 恋宿り

男は だれかの忘れ傘
あんたも だれかの忘れ傘

口説く仕草も 不器用で
そっと信じてみたい人
いっそ一夜の 夢になれ
そんな哀しい知恵もつく

こんな暮らしはさせないと
腕をつかんで 抱きしめる
少しこわいの その若さ
賭けてみようか やめようか

男は だれかの忘れ傘
あんたも だれかの忘れ傘
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:わすれ傘 歌手:内田明里

内田明里の新着情報

  • 熟女炎上 / ♪恋をしちゃいけないのそんな

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/10/21
商品番号:CODA-1783
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP