試聴する

ミスターワールド

この曲の表示回数 16,681
歌手:

THE BACK HORN


作詞:

THE BACK HORN


作曲:

THE BACK HORN


息を手に吹きかけて
歩くオンボロ月夜
避難場所を示した
看板を蹴り上げる
プラスチックの
雪が降る街で
ああ 狂った
羅針盤のように
世界は壊れた

廃墟 マネキンだらけ
僕は王様の気分
排水溝に詰まった
羽の折れた天使の
死体に精液をぶちまける
なぜ どこにも
天国がないか
愛していないからさ
枯れ行く 美しきこの
世界を 僕さえ

肺でカラスが笑う
今夜別れを告げる
ああ 狂った
羅針盤の上で
母胎を想う頃
悲しき死の狂騒曲が
戦場に響いた
未来は時という鼓動を
静かに止めたよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ミスターワールド 歌手:THE BACK HORN

THE BACK HORNの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-08-24
商品番号:VICL-61744
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP