試聴する

BLUISH WHITE

この曲の表示回数 608
歌手:

林青空


作詞:

林青空


作曲:

林青空


ダンボールの中に広がってる
見慣れた景色一つ取り出すごとに
遠く離れていく気がした

ラジオから流れるいつもと違う声
旅立つ友見送る誰かの応援歌
あぁ

冷たいフローリングに座って
一人で生きていけるような気がして
それがとても怖くてまだもうちょっとだけ
子供でいたいって思ってる
ギター一本背負ってやってきたつもりだった
それだけじゃなかった

黄緑 オレンジ 黄色 赤 緑 水色
どこに向いてるか時々わからなくなるけど
きっと大丈夫
言い聞かせている

興味がないからって腕時計の針も
合わせずにずっとここまで走ってきたけど
誰よりも縛られていたんだな

煙たいステージの上に立って
一人で生きていけるような気がして
どんな目で見られたってまだもうちょっとだけ
信じてみたいって思ってる
ギター一本背負ってやってきたつもりだった
それだけじゃなかった

青白いこの街の夜に立って
今にも掻き消されそうになるけど
まだ何一つやり遂げられてないでしょって
負けるもんかって思ってる
ギター一本背負ってやってきたつもりだっだ
それだけじゃなかった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:BLUISH WHITE 歌手:林青空

林青空の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/26
商品番号:UPCH-2205
Universal Music

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP