試聴する

出航日和

この曲の表示回数 2,326
歌手:

林青空


作詞:

林青空


作曲:

林青空


出航日和 なんて青い空だろう
重い荷物から順に忘れないように積み込んだ
持っていけないものも沢山あるけど
いつか必ず迎えにいくよ

手漕ぎのボートで身体一つ
夜明けと共に海へ出た
オールに付いた無数の傷が
わたしに自信をくれたから

今 もう一度旅に出よう
どんな荒波に揉まれようとも
でかい旗掲げて目一杯振るよ
遠くの君にも見えるように

出航日和 なんて青い空だろう
向かい風の中探していたんだよ

少し大きな新しい船
舵は重すぎやしないだろうか
慣れない不安もあるけれど
なんとか乗りこなしてみせるから

真っ白な地図 読めないコンパス
見たことのない世界見てみたいの
みんなの声を燃料に
私をどこまでもどこまでも
進ませるから迷ってる暇なんてない

たとえ嵐が待ち受けようとも
風も味方に精一杯帆を張るよ
いつの日か胸を張って帰りたい場所があるから

今 ここから旅に出よう
どんな壁が立ちはだかろうとも
この声枯れるまで歌い続けるよ
遠くの君にも届くように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:出航日和 歌手:林青空

林青空の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/26
商品番号:UPCH-2205
Universal Music

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP