試聴する

揺らめいて候

この曲の表示回数 6,437

終電は間近 浴びるほど酔いしれて 今だけは忘れて
愛のない身体の交わりじゃ 充たされぬと知りながら

恋い焦がれ 月明かり照らせれて 枝垂れ桜
声にならぬ声 喜がり踊るの

揺らめいて候 甘い舌を這わせ溶かしてよ
月が綺麗なんて 優しい嘘なら要らないの
貴方永遠なんて求めれば 去ってゆくのでしょう
せめて夜が更けるまで 凝視めて欲しいの

酩酊へ沈み ふしだらにかげろう 一輪の花が愛に飢え
まるで飼い主の帰りを待つ 捨て猫のよう

宵の春 艶やかになびく髪 耳朶を食まれ
熱を帯びあてがった 乱れ桜

火照った朧月夜 貴女の奥果てたいよ
紛い物の愛演じて 身体が欲しいだけ
溺れ堕ちたいなんて 抱えきれないよ 冗談でしょう
汗ばんだ糸結び目に 交わした出鱈目

揺らめいて候 甘い舌を這わせ溶かしてよ
月が綺麗なんて 優しい嘘なら要らないわ
貴方永遠なんて求めれば 去ってゆくのでしょう
せめて夜が更けるまで 凝視めて欲しいの

ねえいつだって 性懲りなく 過ちを重ねて
寄り添った 淋しさだけの篝火
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:揺らめいて候 歌手:神はサイコロを振らない

神はサイコロを振らないの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/19
商品番号:DKNN-1002
ディーケーエヌ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP