試聴する

冷たい

この曲の表示回数 2,461
歌手:

坂口有望


作詞:

坂口有望


作曲:

坂口有望


「ねぇ 君がいま 瞬きをして
そしたら何もなくなっていたら?
まぁ私はまだここにいるけど
例えばの例えばの話だからさ」

終電の普通電車
三日月も寝転がっていた
この時間の天王寺は
みんな下を向いていた

溜まっていたのは
「ありがとう」と「ごめんね」の
下書き 下書きだけ

大切にできなかった
嫌いじゃなかったのに
気づくのが遅かった
近くで見てたのに
僕はまるで冷たい

悪口と別れ話
飛び交う電波を見ていた
君の声はおとぎばなし
みんな未来を夢見た

黙っていたのは
喉に突っかかる本音を
言えない 言えないだけ

なんにも響かなかった
嫌いじゃなかったのに
気づくのが怖かった
信じてくれたのに
僕はまるで冷たい

ねぇ もう一度 笑ってみせて
そしたら僕は笑えるから

大切にできなかった
嫌いじゃなかったのに
気づくのが遅かった
近くで見てたのに
僕はまるで冷たい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冷たい 歌手:坂口有望

坂口有望の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/02/19
商品番号:ESCL-5332
ERJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP