Shadow

この曲の表示回数 130

足早に過ぎる日々が
簡単に取り残していく
右も左も分からぬまま
立ち竦んでいた

間違いを恐れて正解を求めて
迷いながらでも進んでみる
そんなもんだろう

忍び寄る影
背後に纏わりついて離れない
足音が怖くなって振り返りたくても
鳴り響いた鐘の音が
気付かせ続けてくれるから
未来はここにある
譲れない 傷ついたとしても

さよならは空の彼方
両手には少しばかりの
愛と毒を握りしめて
歩いていくんだ

思い出していたのは
腐らせた夜のこと
躓きながらも進んでみる
きっとそうなんだろう

陰りの中で見かけた
少年を自分に重ねて
闇雲に手を伸ばして
追いかけてしまうけど
陽が照り揺れて溶けてく
いつかの蜃気楼みたいだな
過去は消えないから
蓋してしまい込んでさ

僕だけの影 これからは
もう二度と掴んで離さない
太陽が沈みだして消えかけてしまっても
鳴り響いた鐘の音が
気付かせ続けてくれるから
未来はここにある
いつでも思い出せるように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Shadow 歌手:The Floor

The Floorの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-12-04
商品番号:VICL-65278
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP