試聴する

群青について

この曲の表示回数 184

時計は置いてきたから
朝か夜か曖昧な空模様
いつからここにいるのか
分からないけど気にもならない

遠く見える水平線の先
飛び越えて笑ってみせよう

手を振って見送った駅のホームも
溢れ落ちてシミついた帰り道も
缶コーヒー飲み干して見上げた満月も
色褪せない 群青について

遠く見える水平線はまだ
曖昧でぼやけているけど

暗闇でも光っていた一輪の花も
思いがけず吐き出してついた嘘も
凍えながら意味もなく歩いた商店街も
忘れはしない

手を振って見送った駅のホームも
溢れ落ちてシミついた帰り道も
缶コーヒー飲み干して見上げた満月も
色褪せない 群青について
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:群青について 歌手:The Floor

The Floorの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-12-04
商品番号:VICL-65278
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP