平尾台讃歌

この曲の表示回数 868
歌手:

冨永裕輔


作詞:

松井明子


作曲:

冨永裕輔


はるか海の彼方から
旅をしてきたさんごしょう
三億年の時を経て
白い羊に様変わり
ロマンへ誘う平尾台

季(とき)を彩る花々と
草原に息づく鳥と虫
きらめき放つ競演に
魅せられて集う平尾台
ロマンへ誘う平尾台

鍬一本 開拓の先人
労苦を讃える記念の碑
守り継ごういつの世も
ふるさとの宝平尾台
ロマンへ誘う平尾台

ピーポーと汽笛を鳴らして
笑顔乗せ走るキタポッポ
大草原をいつの日も
百万市民の憩いの場
ロマンへ誘う平尾台
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:平尾台讃歌 歌手:冨永裕輔

冨永裕輔の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-11-09

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP