試聴する

九月一日

この曲の表示回数 257

悲しさなんて感じなければいい
傷付くことで傷付け
望むほど何処か歪んでいく

いつかこの冷たさに身体を沈めて
虚像を塗した感情は
まだより一層脈打つ

孤独を知ったのは
通り過ぎた人達のせいだ
景色を眺めていても
「自分」を思い知る

離せないよ この喪失は必要で
自分の不甲斐無さまで
呪って粗末に生きていた
今日が終わる 影が遠ざかっていく
何度も思い返すのは
最後にした会話だった

落ちていく時間を拾えないか
思うだけ無駄な毎日だった
そうだ 馬鹿らしいよ
この生活は失敗の塔だ

また同じ様に間違えるなら
言葉は手で掬う水みたいだ
零れてしまった

期待をしてたのは
優し過ぎた人達のせいだ
崩れてしまうまで
寄りかかる事しか出来なかった

願わないよう 思いは閉じたままで
それで許されるなんて
くだらない
幻を消したくて

今日も影が遠ざかっていく

どうしてこんなにすれ違えるんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:九月一日 歌手:眩暈SIREN

眩暈SIRENの新着情報

  • 滲む錆色新着 / ♪汚れてしまえと鉄を噛むよう
  • 紫陽花新着 / ♪過去に囚われた陰鬱な影と背中
  • 夕立ち / ♪人通りをさけて暗がりを歩く
  • クオリア / ♪何も言わなければ良かった

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-10-09
商品番号:SRCL-11247
SMR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP