試聴する

炭酸水

この曲の表示回数 1,367
歌手:

LACCO TOWER


作詞:

松川ケイスケ


作曲:

LACCO TOWER


コツコツと 鳴いた足
なれないヒールに運ばれて
デカダンスする 街に合わせ
顔を白く塗り 赤を乗せた

寂しくて 悲しくて
死にたくはなくてややこしい
薄酒をすする 夜に合わせ
猫のように座って つくろってた

コップの 底まで 飛び込んでいくよ
黒い未来 薄めるように
蓋をあけたら 注いでく

しゅわしゅわと 音を立てながら
弾けて消えて 混ざれ混ざれ
誰かがいう 「落ち着く場所」ってさ
どこにあるの 考えたくない 混ざれ混ざれ

寂しいと 悲しいと
幸せの幅は狭くなる
決断するのか させられたか
薔薇園に素手で つっこんでく

コップの 底まで 飛び込んでいくよ
黒い明日が 薄まるように
蓋をあけたら 戻らない

しゅわしゅわと 音を立てながら
弾けて消えて 混ざれ混ざれ
誰かがいう 「落ち着く場所」ってさ
今はいいの 考えたくない 混ざれ混ざれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:炭酸水 歌手:LACCO TOWER

LACCO TOWERの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-08-21
商品番号:COCP-40914
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP