卒業式の唄

この曲の表示回数 171
歌手:

的場浩司


作詞:

的場浩司


作曲:

炎達


卒業式の夜に
茶色い髪の少年は
だれもいない 校舎に
一人

叩き壊したガラス窓
隙間から見えた夜空が
きれいすぎて 涙が
あふれでた

ガキの頃 夜空からこぼれた
流れ星欲しくて あるきつづけたこと思い出した

つかめなくても
とどかなくても
さわれなくても
追いかけていたい

私が決めたこの道を
よそみをせずに 走りなさい
夢を忘れた 大人(あいつ)の
口癖

言いたいことも言わずに
やりたいことも我慢なんて
胸にえがいた 想いも
さめちまう

別に俺 すさんじゃいねぇ
他の奴とちょっと違うってことが いけないの

つかめなくても
とどかなくても
さわれなくても
追いかけていたい

ガキの頃 きれいだと感じた
星のかがやき今も変わらず 輝ってる

つかめなくても
とどかなくても
さわれなくても
追いかけていたい

あの頃の夢を
追いかけていたい
あの頃のままで
追いかけていたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:卒業式の唄 歌手:的場浩司

的場浩司の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-07-07
商品番号:KICS-1592
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP