試聴する

海岸2号線

この曲の表示回数 284
歌手:

SHE IS SUMMER


作詞:

MICO


作曲:

原田夏樹


もういらないほど
ボロボロに弱った恋を
それでも僕はもう一度抱き寄せてみるんだ

沈黙が心地いい時代を通り過ぎて何を見つけよう?
いつもの部屋じゃ 同じ言葉ばかり 何も話せなくなる

寒空辿り 海まで行こう 祈るみたいに 車飛ばす
何が変わるかな?

僕ら 恋をしていた
呆れるくらいはしゃいでた
夢を見ていたんだ 風が吹くたび 霞んで行く気持ちだけ見つめすぎた
なぜか 冴えない日々が
僕を励ましているんだよ
消えゆく君を 想ったら 眠れなくなるんだ

「ところでね 雨が降りそうよ 洗濯物を出したままね」
そんなセリフが似合うようになった大人になったふたり

窓の外には灰色の街何も言わずに僕ら見てる
何もいらないや

僕ら 恋をしていた
あきれるくらいはしゃいでた
だけれど今知ったよ 風が吹くたび
戻れないほど君を知りすぎていた
なぜか 冴えない日々が
僕を励ましているんだよ
消えゆく君を 想ったら 眠れなくなるんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海岸2号線 歌手:SHE IS SUMMER

SHE IS SUMMERの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-05-15
商品番号:SCL-6
SIS RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP