夏の終わりの蜃気楼

この曲の表示回数 6,449

遅く起きた窓から夢の世界が見える
走り回る子供の笑い声が聞こえる
それはまるであの日の僕のようだった

夏の終わりの風 窓をたたいた

かけぬける登り坂
やがて見える太陽
あの日見たあの夢は
こんな時よみがえる

小さい頃誰かに包まれた僕の手が
今ではこの空まで隠すことができる
写真に写る僕はどこかを指差してる

そこから 何が見えたのだろう

かけぬける登り坂
やがて見える太陽
あの日見たあの夢は
こんな時よみがえる

後ろ向きの秋風に僕はついて行くだけ
こぼれ落ちた枯れ葉の道を歩いて行くだけ

かけぬける登り坂
やがて見える太陽
あの日見たあの夢は
こんな時よみがえる

見つめる水平線
やがて消える太陽
あの日見たあの夢は
今の僕じゃ遠すぎる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の終わりの蜃気楼 歌手:平川地一丁目

平川地一丁目の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/09/28
商品番号:DFCL-1218
DefSTAR RECORDS

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP