松山行きフェリー

この曲の表示回数 8,040

こんなにつらい別れの時が
来るのを知っていたら
君を愛さず友達のままで
僕は送りたかった

「出来る事なら戻って来るわ
今は何も言わないで。
きっと貴方はこの町で私がいなくても」

港に沈む夕陽がとても悲しく見えるのは
すべてを乗せた船が遠く消えるから

君が言ってた夕べの言葉
「もっとありふれた暮らし…
そんな事など今のぼくに出来はしないから」

いつかこの町を忘れ君の倖せ見つけたら
僕の事などすぐにでも忘れてほしい
忘れてほしい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:松山行きフェリー 歌手:平川地一丁目

平川地一丁目の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/03/24
商品番号:DFCL-1272
DefSTAR RECORDS

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP