試聴する

ファストワルツ

この曲の表示回数 241
歌手:

Brian the Sun


作詞:

森良太


作曲:

森良太


少しだけ眠い春の窓際で
戸惑いながら許してしまう 君を思い出す

あぁ教室の窓から 歪んだ摩天楼が
青空を切り取って 揺れるのが見えている
どうでもいいなら どうでもいいでしょ?
忘却とは無縁な 悴む理性

ねぇ
なんにもない なんにもない

伽藍としている心象
もう2度と 戻れないことだって分かってる

同化しているよ 境目を無視して
グラウンドを溶かす白線に 共感したりする

愛してたから 傷つけたんだっけ?
傷つけたから 愛してたんだっけ?
夢の中で2人は 笑っていたんだっけ?
都合のいい思考で あきれる知性

ねぇ
なんにもない なんにもない
ただ、続くと思ってただけ
もう2度と進まないことだって分かってる

なんにもない なんにもない

伽藍としている心象
青空は春に溺れて呼吸を忘れている
もう2度と 戻れないことだって分かってる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ファストワルツ 歌手:Brian the Sun

Brian the Sunの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-03-13
商品番号:ESCL-5190
ERJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP