試聴する

人知れず 胸を奏でる 夜の秋

この曲の表示回数 5,961
歌手:

プリプリピンク


作詞:

つんく


作曲:

つんく


涙のいいわけ
過ぎ去った 恋愛の後に
スルルっと 小さな
風が散歩した

変わらぬふるさと
変わらぬ 台所(だいどこ)食器も
全部を知ってて
慰めてくれる

少し歩く
卒業した母校

グランドには無邪気な
私の記憶

今だから 感じられる
ぬくもりを知った
でね やさしさを覚えた

少しずつ 臆病にも
なってくもの?
ならば 振り帰らず行くわ
今日は 続いてる
明日へ

昔の恋人
片思いをしてた 先輩
みんな今頃は きっと
いい大人ね

私だって
見た目は都会派

地元のおばさん達
驚かせてる

今だから あんなことも
笑えるわ
なんか 小さすぎて
不思議

「大好き」が いつのまにか
他の色 してた
毎日 乗り越えること
必死だった
夜の秋

今だから あんなことも
笑えるわ
なんか 小さすぎて
不思議

「大好き」が いつのまにか
他の色 してた
毎日 乗り越えること
必死だった
夜の秋
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:人知れず 胸を奏でる 夜の秋 歌手:プリプリピンク

プリプリピンクの新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-06-22
商品番号:EPCE-5370
ZETIMA

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP