試聴する

Verbena

この曲の表示回数 1,329

思い出していたんだ あの時の
触れてた感覚 そっと 鼓動を感じた
君だけが知らなくても
雨の日に見てた モノクロの世界
唯一の光が見えたんだ

時を重ねて 紡いでく
些細な事だって 全部忘れない
偽りでも 確かな君との距離
儚く育つ 二人の花

朝の紅い光に手を伸ばして
(あぁ、ここで会えるのは あと何回だろう?)
募る想いは隠したまま

「おはよう」

今日も君は笑いかけてきて…

いつかは 途切れる時を過ごして
雨の日がくることを願っていたの
思い出してくれるように

苦しんでいる君を 救えたら
傷つく心をただ 守れたら
それでも 脆い 焦がれる 私だけ
この時間を 信じているよ

君が告げた言葉を 繰り返して
(あぁ、なんでそんな顔 私に見せたの?)
ぼやけて 前が見えなくても

「すきだよ」

もう一度 咲いて…

触れようと手を伸ばした
先は 閉ざされ
ただ冷たくて 汚れてる
闇夜の先が みえない

あの紅い光は もう消えていく
(あぁ、ここで会えるのは 今日で最後だね。)
指の隙間を伝っていく 雫が
淡い熱を奪い去っていく

「ありがとう」

「さようなら」

二人の 世界
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Verbena 歌手:ゴクドルズ

ゴクドルズの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-02-13
商品番号:UPCH-20509
ユニバーサル ミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP