試聴する

緑の時計

この曲の表示回数 1,317
歌手:

立花理香


作詞:

立花理香


作曲:

遠藤直弥


色づいた雲を追って
いつものこの道を歩き出す
少しだけ冷えた頬
気付かないように俯いていて

見えゆく景色が変わる これからの君は
やさしくなるかな うすらいでいくのかな
ちょっぴり切なくなる

君の笑顔がたまらなくて ただの何も言えなくなる
今の僕のありったけを詰めたんだ 君に
これからもよろしくね

意地を張る背中から
覗き込む横顔 懐かしんで
飽きっぽい その視線
芝生揺らし 僕を置いていくんだ

これまで見てきたどんな君とも違って
強くなるのかな 弱さもみえたりするかな
浮かばないや

これからどんな日々が君を待っていても もう大丈夫
その願いは新たな風が連れてく
だから いつまでも笑っていて

叶うなら この時間を閉じ込めてしまえたなら
このままどこまでいっしょに行こう
朝よ迎えに来ないで

君の笑顔が曇るときは そっと僕があたためよう
なんでもないそんな日々を過ごそう
ずっと いつまででも

君のことがたまらなくて 愛しくて 切なくて
だから僕のありったけを詰めたんだ 君に
これからも どんなときも 君を
いつまでもよろしくね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:緑の時計 歌手:立花理香

立花理香の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-02-13
商品番号:TECI-654
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP