試聴する

スカーレット

この曲の表示回数 941

ありふれた禁断の物語が
私達には丁度良くて
頭では解ってても止められない
僅かなふたりだけの時間を

甘い声で優しく誘うあなたに
支配される快感だけ求めて

なぞる唇が私を堕落させる
漏れる吐息さえ愛しくて目を見れない
秘密の傷を付けてよ 私を離さない様に
ふたりを頼りなく繋いだ赤

曖昧に引き摺ったこの関係が
永くはないと知りながら
諭された子供騙しのモラルじゃ
終われないもうどうなってもいいの

だらしない恰好でもいいよ好きにして
でも目の前でアラートは鳴らさないで

絡み合う指を縫い付けてしまいたい
あなたがもう二度と帰れなくなる様に
愛した跡を付けてよ もう消えかかっているから
薄れた痣にまた重ねる 赤

ここでお別れと言えるのはあなただけ
なのにどうしてまたねと強く抱きしめるの

なぞる唇が私を堕落させる
漏れる吐息さえ愛しくて目を見れない
秘密の傷を付けてよ 私を離さない様に
ふたりを頼りなく繋いだ赤

ひとり残された部屋であなたの証を拭いて泣いた
鏡に映る悲しい人は誰?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:スカーレット 歌手:ROOT FIVE

ROOT FIVEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-12-12
商品番号:DUED-1257
SMM itaku (music)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP