奇妙に過ぎるケース

この曲の表示回数 179
歌手:

大槻ケンヂミステリ文庫


作詞:

大槻ケンヂ


作曲:

タカハシヒョウリ


まず君に 実際にあった話をしよう

世界なんて きっと そう いたずら
恋なんかもきっと ね
パラッパッパッパラーララ パパラーラ パラッパッパッパラーララ

1986
実在のある雑誌に 奇妙な事が載った
有名な SF 作家のもとに 自分の創作したはずの男性が現れたのだ
男は 作家の小説にある通り 自分は犬神の末裔で 狼男であるという
満月の夜は銃で撃たれても死なない
さらに 天使アカンフェルにも会った事があるのだ と
驚くなかれ SF 作家は男を認め その雑誌で対談をしている
Too much 奇妙に過ぎるケースだ

世界が トリック 仕掛ける 宇宙が なんで まどわす
満月だ (ダンス ベイビー ダンスダンス ベイビー)
天使は 踊るよ (ダンス ベイビー ダンスダンス ベイビー)
理由など (ダンス ベイビー ダンスダンス ベイビー)
ようとして 知らない (ダンスベイビー ダンスダンスベイビー)

じゃぁ私について奇妙な話もしよう 実際にあったかどうかは聞かないで
とある夜 とても奇妙な事が起こった
小説を書いている私のもとに 私の小説の作中人物だという女が現れた
女は 小説にあるように 私と恋に落ちたという
満月の夜は2人で踊ったのだと
私にゴーストみたいと言われたと
驚くなかれ 私は彼女を本物と認め 踊りにいった
狙いすましたかの フルムーンの夜だった
Too much 奇妙に過ぎるケースだ

世界が トリック 仕掛ける 宇宙が なんで まどわす
フルムーンさ (ダンス ベイビー ダンスダンス ベイビー)
幽霊と踊った (ダンス ベイビー ダンスダンス ベイビー)
行方など (ダンス ベイビー ダンスダンス ベイビー)
ようとして わからない (ダンス ベイビー ダンスダンス ベイビー)

種明かしをしよう
私の小説の女にはモデルがいるのだ
彼女は小説を読み久しぶりに会いに来た
久しぶりに踊り 気がすんだんだろうね 帰っていった
私からいくばくかの モデル料をふんだくってね
Too much リアルに過ぎるケースさ

世界なんて きっと そう いたずら
恋なんかもきっと ね
パラッパッパッパラーララ パパラーラ パラッパッパッパラーララ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:奇妙に過ぎるケース 歌手:大槻ケンヂミステリ文庫

大槻ケンヂミステリ文庫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-12-05
商品番号:TKCA-74739
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP