この曲の表示回数 4,861
歌手:

石井竜也


作詞:

石井竜也


作曲:

石井竜也


不思議な程 君には初めから惹かれてた
蒼いガラスの向こう まるで映画のように

カフェの外は雨降り 窓を曇らす吐息
セーターの肩ごしにウェイターを呼んでいる

男はいつも言葉では
言えない生き物だけど
今日は君に言うのさ
この心を素直に…

愛し始めた頃 遠く辛く切ない
お互いの視線も探るような感じで

確かに俺みたいな奴は君に似合わない
だけど恋は案外 ふぞろいに出来ている

女はいつも溜め息で
男を振り回せるもの
この胸の曇り空
吹き飛ばして欲しいよ

夢の中 二人は恋に落ちた天使
剥がれ始めた羽 癒す愛が必要だね

穏やかな季節には心が君に走る
他の全ての事が無意味に思えて来る

冷めた紅茶飲み干し 視線を絡めてくる
言おうとしたその時 君はそっとうなづく

男はいつも言葉では
言えない生き物だけど
今日は君に言うのさ
この心を素直に…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:CAFE 歌手:石井竜也

石井竜也の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-03-24
商品番号:SRCL-5862
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP