異人の夜

この曲の表示回数 11,851
歌手:

BUCK-TICK


作詞:

櫻井敦司


作曲:

星野英彦


片目の黒猫がゆく 何処から来たのだろう
闇夜を横切ってゆく 何処へ行くのだろう
その時誰かが泣いた 誰にも知られずに
異人に手を引かれていた 赤い靴を履き

夏が逝く 花びら撒き散らし逝く
鮮やかに 舞い散る真っ赤な空へ

明日があるとするなら 奇麗な空がいい
闇夜がそっと呟く もう帰れないよ

月が逝く 睫毛を震わせて逝く
降り注ぐ 琥珀にびっしょり濡れた

仕組まれていた罠 はじめから罠
泣き疲れて眠る そして誰もいなくなる

愛されたいんだ 抱きしめて欲しい
懐かしいその声 僕の名前呼んでくれ
なりふり構わず 喚き続ける
泣き疲れて眠る そして誰もいなくなる

あなたは誰、ねぇ誰なの
私は誰、ねぇ誰なの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:異人の夜 歌手:BUCK-TICK

BUCK-TICKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-04-06
商品番号:BVCR-11068
BMG JAPAN

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP