ウレシ泣き

この曲の表示回数 7,959
歌手:

arp


作詞:

anzu Omiya


作曲:

Takashi Hamada


忘れられないの
あなたが本当は強がってると気付いた日を
「僕は一人でも寂しくないんだ」と言い
優しく笑ってた

それが強さなら哀しすぎる
本当は「寂しいんだ」と聞かせて欲しいのに

ありのままそのままをさらけ出せる二人でいたい
例えそれが泣いていても
わたしはあなたを受け止めるよ
そしていつかは嬉し泣きしよう

憶えているかな
あなたが最初に照れてる顔を見せた日を
ようやく二人は
素直になれる場所に来れたと思えたの

あれからいくつも季節を重ねて
来たことのない場所まで来たね
これから二人はどこまで行けるだろう
平気よ 信じてる

「寂しくない」とか「一人でいい」とか
これからそんな言葉もう言わせないから

ありのままそのままをさらけ出せる二人でいたい
もしもそれが笑顔ならば隣でわたしも笑ってるよ
一人だなんて思わないで

この世には涙より笑顔より素敵なものがあるんだ
それは本当に嬉しすぎて笑顔に零れる涙なんだ
二人でそんな嬉し泣きしよう

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ウレシ泣き 歌手:arp

arpの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-02-25
商品番号:BVCR-17029
BMG JAPAN

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP