試聴する

硝子色の夏

この曲の表示回数 784
歌手:

Negicco


作詞:

中島愛


作曲:

ミト(クラムボン)


遠ざかる雨の香り
風がほどいてく髪
こわいくらい透き通る青に
眩暈さえ覚えた

季節の裾を掴んで
離せないまま
静かに溶けてゆく
一秒前の私

いびつな砂時計を
そっと逆さにして
新しい明日へと ひとり
旅に行く

I love you
淡く光る記憶の欠片を
ひとつ ひとつ 空に翳せば
甘く愛しい笑顔 胸よぎるけど
褪せた昨日に戻れないの
あの日のふたり 硝子色ね

「あのね、心配しないで
ずっとわかってたの
でも…ごめんね
愛してる
愛してる
愛してる」

振り返るたび
こぼれる宝石たち
数えていたらきっと
もう帰れなくなるね

揺れる瞳閉じれば
醒めない夢の中へ
幻でもいいの
いまはこのままで まだいたいから

I love you
掠れた声 少し震えても
時を重ね 強くなれたら
いつか涙は遠い雨になって
離れた影 包み込むわ
幾つの夏を抱きしめても
あの日のふたり 忘れないで

I love you
I love you
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:硝子色の夏 歌手:Negicco

Negiccoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-07-10
商品番号:TPRC-210
T-Palette Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP