あの娘の城

SHISHAMO

あの娘の城

作詞:宮崎朝子
作曲:宮崎朝子
発売日:2018/06/20
この曲の表示回数:23,869回

あの娘の城
君の部屋 君のドライヤー 君のベッド
そのどれもが君と私のものになった
寝る時だって 目が覚める時だって
君の眼に映るのは私だけ
不安に思うことなんてひとつもないはずなのに

顔も知らないし 名前も知らない
てゆーかそんなの知りたくない
ここは君と私の城
誰も入ることなんて許されない
なのに、なのにね
バカになっちゃったのかしら?
寝ても覚めても
顔も知らないあの子の匂いが消えないの

この部屋に一人でいると
自分が誰なのか 何でここにいるのか
時々分からなくなる
この部屋で二人でいると
君が誰の目を見て話してるのか
時々分からなくなる

この男は今 私のものだ
何も心配いらないじゃない
分かってる でも 分からない
どうしようもないの

顔も知らないし 名前も知らない
てゆーかそんなの知りたくない
ここは君と私の城
誰も入ることなんて許されない
だからお願い 誰も邪魔しないで
ただ二人抱き合ってたいの
二人でいたらもうきっと
誰も入る隙なんてないんだから
なのに、なのにね
バカになっちゃったのかしら?
寝ても覚めても
顔も知らないあの子の匂い
こびりついて消えないの

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません