試聴する

蜃気楼

この曲の表示回数 1,500
歌手:

キミノオルフェ


作詞:


作曲:


嗚呼
蜃気楼の向こうにはあの夏

待ってるだけなのは
息が詰まった

絵を描くことで自由になった
5Bの鉛筆が描く
白に黒い世界

幼い頃 有り余るほど
時間なんかあったはずが
描き切れなかった
夢中で走ってた

きっとどっかずっとあった
時計仕掛けの爆弾
気づいた時にはもう遅すぎたの?
引き返すことも諦めることも
どっちも出来ないんだから
そうさ 僕は今も
あの日のままに描くしかない

着信音が鳴って
僕のポッケを震わせた
遠い田舎から
変わらない電話の主が
あの頃の僕と話してる
僕は迫真の演技

嗚呼 蜃気楼の向こうにはあの夏

日々の絵の具が
乾いて僕らを固めていく
自由になる為に
描いてた事を忘れるくらいに

夕方に流れる
七つの子が鳴り終わるまでに
帰らなくちゃ
みんな夢中に走ってた
あの頃の僕が振り返る
わかってる 今、行くから

嗚呼 蜃気楼の向こうには あの夏
嗚呼 蜃気楼の向こうには あの夏

止まってるつもり “今日”はもう”昨日”
また同じ位置からのスタート
それの繰り返し あそこで引き返し
あの時の未来僕は立ててますか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:蜃気楼 歌手:キミノオルフェ

キミノオルフェの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-06-04
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP