はくしの春

この曲の表示回数 3,154
歌手:

Sou


作詞:

ぬゆり


作曲:

ぬゆり


誰か 振り返ってくれないか
砂上へ
魔法はもう使い果たそうか
好きなだけ

あざやかな終わりを見据え欠く線を
まだ見えない未来を使って埋めていく
ぼくの頭上はもう飴玉で満ちていた
溶けて伸びちぎれて消える 消える

夕波が足元を攫って惑う
爪先から熱を奪う 砂を 風を 連れて

声を聴け 名前のない思考達を
晴らしてくれ 通り抜けるみたいに
数えないで 終わりを忘れさせてくれ
時よ止まれ 知覚するより早く

形のない朝夜を経て移ろった
空の座に何を宛がう 何を
声や姿はいま全て水溶性
削れ溶け流れて消える 消える

足跡が残らぬようかかと上げて
爪先に触れた砂を今も覚えている

導いて
行き場のない魂をも
息を止めて
残らず飲み干してよ

間違う日は長く続くことのないよう
祈りをくれ 凪いだ水面みたいに
悲しい日は 迷わぬよう手を繋いで
時よ止まれ 知覚するより早く

晴らしてくれ
時よ止まれ

誰か 振り返ってくれないか
砂上へ
魔法はもう使い果たそうか
好きなだけ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:はくしの春 歌手:Sou

Souの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-28
商品番号:SNCL-11
SMM itaku (music)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP