たましい売りの少年

この曲の表示回数 1,250
歌手:

PUNK BACK OCEAN


作詞:

YAFUMI


作曲:

PUNK BACK OCEAN


fuck'em all fuck'em all

洋服デザイナーに急になりきる
ダイニングバーを片手間でしきる
音楽だけではやってはいけないと
目の前のキャパを楽にむさぼるなら
だせー そのセンスが
音楽自体に現れだすから

fuck'em all fuck'em all

大事なものの順番は変わっていく
生活のためと言い訳 言い訳
別になんだってさ 構わないけど
なんだか飼い犬みたいでつまらない
だせー そんな君の
歌は俺の胸には響かない

fuck'em all fuck'em all

たましい売れば
そこには素晴らしい暮らしが
待ってるってそう信じてた?

たましいなんて
誰かにみせるものじゃないよ
だからさっさと燃やせばいいのさ

ロックの村の居心地はいい
それは原発村とも変わらない
妥協に妥協を何度も重ねて
今じゃ原型 よくわからないから
だせー バランスだけの
歌は俺の耳には聞こえない

たましい売れば
そこには素晴らしい暮らしが
待ってるってそう信じてた?

たましいなんて
誰かにみせるものじゃないよ
だからさっさと燃やせばいいのさ

fuck'em all fuck'em all
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:たましい売りの少年 歌手:PUNK BACK OCEAN

PUNK BACK OCEANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-03-21

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP