Trigger

この曲の表示回数 75
歌手:


作詞:

矢内景子


作曲:

矢内景子


朝が目覚めたばかりの時間
やってきたのはいつもの商人
さあ急いで会いに行かなきゃ
欲しいものは自分で手に入れるんだ

ちょっと派手なくらいのドレスに
古臭い木彫りの置物に
でも彼女が見つめた先は
4本弦の小さなあの楽器

煌めき光る瞳が呼ぶ

思い出したくない過去も
陰鬱な暗い部屋も
離す事なき夢現共鳴
それは背中合わせの
危うく優しい誘い
いまはただその音に身を委ねてる

手にしたモノの代わりに
失うモノがあるこの世の情勢
でもぼくが手放したその輪が
歪んだ弧を描き掻き乱していく

蹄の音が村に迫る

燃え朽ちる赤い背中
昇り消ゆ黒い幻影
守ることのできない憎い拳
何がこうしてしまった?
恐ろしい闇の囁き
いまはただその手に身を委ねてる

思い出したくない過去も
陰鬱な暗い部屋も
離す事なき夢現共鳴
なにもかも幻覚のように
霧が覆い隠してく
いまはただその手に身を委ねてる
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Trigger 歌手:シェルシュ(福島亜美)

シェルシュ(福島亜美)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-06
商品番号:WPCL-12814
ワーナーミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP