試聴する

思い出せてよかった

この曲の表示回数 8,310
歌手:

STU48


作詞:

秋元康


作曲:

Hiro Hoashi


君と知り合ってどれくらいだろう?
いつが初めてか覚えていない
ずっと昔から聞いていたような
言葉の懐かしさを僕は感じていた

雑踏のその中で
見失う花がある
通り過ぎる人の群れは
あの日 見てた夢を捨てて
どこへ急ぐのかな

思い出せてよかった
僕がこの街を目指した理由(わけ)
もしも君と
巡り会わなければ
自分を 忘れて
きっと流されていた

ただの付き合いで行っただけなのに
花火大会に君がいたんだ
誰も気づかないイントネーションに
一瞬 故郷(ふるさと)の空が目に浮かんだ

打ち上げた五尺玉
消える度 真っ暗で
そばの誰かさえも見えず
僕は揺れる影のようで
孤独だと思った

思い出した希望は
遥かあの街の風の匂い
海を見つめ
語り合った未来
青春時代の
友は元気だろうか?

ほっとしたよ 出会って
僕は今だって変わってない

思い出せてよかった
僕がこの街を目指した理由(わけ)
もしも君と
巡り会わなければ
自分を 忘れて
きっと流されていた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:思い出せてよかった 歌手:STU48

STU48の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-22
商品番号:KIZM-511
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP