群集

この曲の表示回数 1,477

私は思い出す あの日を
街の祭りのあの日を
あの日 あの人が いつの間にか
私のそばに 押されて来た
ふたりは人の波間に
ただよいながら
もまれては 肌をふれあい
そしていつかひとつに結ばれた
しあわせに酔いしれた 街の祭
汗ばむ指を からませては
踊りくるう ファランドール
恋の踊りよ
強い腕に 抱かれて飛びあがる
喜びにあふれたふたりだったよ

あなたのほほえみは
この身にしみて私を酔わせた
だけど人の群れは やがて
この手から 恋をうばい去った
私は人の波間に妨げられて
あなたの姿を失い
叫びもまた あなたに届かない
私は怒りの涙にぬれて
人の陽気な叫びと笑いの嵐に
遠くへ連れて行かれた
あなたをくれて あなたを奪い去った
人の群れを私は呪うのだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:群集 歌手:坂東玉三郎

坂東玉三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-08
商品番号:UICZ-4410
Universal Music =music=

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP