孤高のピエロ

この曲の表示回数 2,528
歌手:

Adhara


作詞:

唐沢美帆


作曲:

渡辺徹


時を翔ける 星の調べは
迷いさえも 焦がしてくれる

一人の世界 誰かの世界
掛け違えた 意識が触れる

めぐり逢い 別れに彷徨いながら
人は何故 愛を求め 生きていくのでしょう

光と影が揺らめく
夢に夢みた 少女はもう居ない
美しく舞う 道化師-ピエロ-は
瞳に花を添えて 情熱をあなたへと捧ぐの

月が泳ぐ 水面の空は
触れるほどに 歪んでしまう

一つの嘘 脈打つ想い
交わるたび 痛みになるの

乾いては 飲み干しまた潤して
人は何故 泣きながらも 生きていくのでしょう

虚構と真理の果てを
見つめるだけの 少女はもう居ない
嘘をつけない 道化師-ピエロ-は
背中で愛を歌う 声にならない声を枯らして

光と影が揺らめく
夢に夢みた 少女はもう居ない
美しく舞う 道化師-ピエロ-は
瞳に花を添えて 情熱をあなたへと捧ぐの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:孤高のピエロ 歌手:Adhara

Adharaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-10-18
商品番号:COCC-17353
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP