×

Adharaの歌詞一覧リスト  2曲中 1-2曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
2曲中 1-2曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
イプシロン進化論眠れる 心の野生を 呼び醒ませ 世界はまだ 進化の途中だ そうだろう  歩みを 止めたら 退化していくだけ 破壊と 再生を 繰り返し 磨かれてく魂  輝くために 払う犠牲は 悲しみじゃなく喜び 正直にしか 生きられない 女のサガよね 誰とも違うのよ Do you know?  超えて 超えて 超えて その先へ 私たちに ゴールは 要らないわ 自分の影にさえ 牙を剥き 振り向くより ただ前を見つめる 栄光は いつの日も 深い闇の果て 刺すような 光の中を Run away, so run away - Evolution -  まだ見ぬ私が 私に告げるのよ 道をひらく 新たな 先駆者になれと  細胞 すべてが 生まれ変わるように 不可能を 可能に 変えていく 起源はここにある  宵闇の中、彷徨い続けて見える蒼き光 幽玄の果てを求める衝動が、この鎖-ココロ-を解き放つ  赤い月夜に 騒ぐ本能 噛み付く相手は 鏡のなかにいる Don't you think?  吠えて 吠えて 吠えて 突き進め 走ることに 理由は 要らないわ 不条理な定めに 爪を立て 疑うより ただ信じ続ける 限界は いつの日も 高い壁のよう 未来を 試しているの Far away, go fer away - Evolution -  五感のすべてが いま“生きてる”進化していく  泣いて 泣いて 泣いて 立ち上がる 美しさは 生き様で決まるわ 孤高の月明り 意志の力は強い 勇敢は いつの日も 無謀なものでしょう  超えて 超えて 超えて その先へ 私たちに ゴールは 要らないわ 自分の影にさえ 牙を剥き 振り向くより ただ前を見つめる 栄光は いつの日も 深い闇の果て 刺すような 光の中を Run away, so run away - Evolution -Adhara唐沢美帆山上智矢山上 智矢眠れる 心の野生を 呼び醒ませ 世界はまだ 進化の途中だ そうだろう  歩みを 止めたら 退化していくだけ 破壊と 再生を 繰り返し 磨かれてく魂  輝くために 払う犠牲は 悲しみじゃなく喜び 正直にしか 生きられない 女のサガよね 誰とも違うのよ Do you know?  超えて 超えて 超えて その先へ 私たちに ゴールは 要らないわ 自分の影にさえ 牙を剥き 振り向くより ただ前を見つめる 栄光は いつの日も 深い闇の果て 刺すような 光の中を Run away, so run away - Evolution -  まだ見ぬ私が 私に告げるのよ 道をひらく 新たな 先駆者になれと  細胞 すべてが 生まれ変わるように 不可能を 可能に 変えていく 起源はここにある  宵闇の中、彷徨い続けて見える蒼き光 幽玄の果てを求める衝動が、この鎖-ココロ-を解き放つ  赤い月夜に 騒ぐ本能 噛み付く相手は 鏡のなかにいる Don't you think?  吠えて 吠えて 吠えて 突き進め 走ることに 理由は 要らないわ 不条理な定めに 爪を立て 疑うより ただ信じ続ける 限界は いつの日も 高い壁のよう 未来を 試しているの Far away, go fer away - Evolution -  五感のすべてが いま“生きてる”進化していく  泣いて 泣いて 泣いて 立ち上がる 美しさは 生き様で決まるわ 孤高の月明り 意志の力は強い 勇敢は いつの日も 無謀なものでしょう  超えて 超えて 超えて その先へ 私たちに ゴールは 要らないわ 自分の影にさえ 牙を剥き 振り向くより ただ前を見つめる 栄光は いつの日も 深い闇の果て 刺すような 光の中を Run away, so run away - Evolution -
孤高のピエロ時を翔ける 星の調べは 迷いさえも 焦がしてくれる  一人の世界 誰かの世界 掛け違えた 意識が触れる  めぐり逢い 別れに彷徨いながら 人は何故 愛を求め 生きていくのでしょう  光と影が揺らめく 夢に夢みた 少女はもう居ない 美しく舞う 道化師-ピエロ-は 瞳に花を添えて 情熱をあなたへと捧ぐの  月が泳ぐ 水面の空は 触れるほどに 歪んでしまう  一つの嘘 脈打つ想い 交わるたび 痛みになるの  乾いては 飲み干しまた潤して 人は何故 泣きながらも 生きていくのでしょう  虚構と真理の果てを 見つめるだけの 少女はもう居ない 嘘をつけない 道化師-ピエロ-は 背中で愛を歌う 声にならない声を枯らして  光と影が揺らめく 夢に夢みた 少女はもう居ない 美しく舞う 道化師-ピエロ-は 瞳に花を添えて 情熱をあなたへと捧ぐの Adhara唐沢美帆渡辺徹渡辺徹時を翔ける 星の調べは 迷いさえも 焦がしてくれる  一人の世界 誰かの世界 掛け違えた 意識が触れる  めぐり逢い 別れに彷徨いながら 人は何故 愛を求め 生きていくのでしょう  光と影が揺らめく 夢に夢みた 少女はもう居ない 美しく舞う 道化師-ピエロ-は 瞳に花を添えて 情熱をあなたへと捧ぐの  月が泳ぐ 水面の空は 触れるほどに 歪んでしまう  一つの嘘 脈打つ想い 交わるたび 痛みになるの  乾いては 飲み干しまた潤して 人は何故 泣きながらも 生きていくのでしょう  虚構と真理の果てを 見つめるだけの 少女はもう居ない 嘘をつけない 道化師-ピエロ-は 背中で愛を歌う 声にならない声を枯らして  光と影が揺らめく 夢に夢みた 少女はもう居ない 美しく舞う 道化師-ピエロ-は 瞳に花を添えて 情熱をあなたへと捧ぐの 
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. オレンジ
  3. 最後の雨
  4. うれしいひなまつり
  5. FREEDOM

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Value
  2. ババーンと推参!バーンブレイバーン
  3. LOVEなシーン with BRADIO
  4. Flowery
  5. 呪って呪って

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×