流氷慕情

この曲の表示回数 1,604
歌手:

好美


作詞:

風屋皐月


作曲:

小田純平


すすり泣くよな 流氷の
哀しい響きが する夜は
浜の漁師(おとこ)も 店(ここ)に来て
私の燗で 酌み交わす

最果ての 北の街
女一人で 生きています

戻らない あなたへは
遠い噂ひとつも 届きはしない
だけどヒューヒュー シベリアの
風が芯まで 吹き込めば
あなたに逢いたい 流氷慕情

大漁話 賑やかに
時化など続けば 愚痴も出る
そんな馴染みに 微笑めば
私が生きる 意味もある

割烹着 たすき掛け
少し黄ばんだ 前掛けして

戻らない あなたへは
春を待つ嬉しさが ここにはあるの
だけどガタゴト 雪ん中
上ぼりの列車 行く度に
あなたに逢いたい 流氷慕情

戻らない あなたへは
遠い噂ひとつも 届きはしない
だけどヒューヒュー シベリアの
風が芯まで 吹き込めば
あなたに逢いたい 流氷慕情
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流氷慕情 歌手:好美

好美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-06-21
商品番号:YZWG-15220
エイフォース・エンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP