愛が見えたとき

中西保志

愛が見えたとき

作詞:並河祥太
作曲:松本俊明
発売日:1994/07/27
この曲の表示回数:11,704回

愛が見えたとき
ひとり 渚を歩く
ただ 波が光る
ふたり 出逢った夏は もうすぐだよ

なぜ いまさら 想いがつのる
もう 二度とは 逢えない 抱けない
君の面影

愛が見えなくて
傷つけたり 遠ざけた すべてを
取り戻したいと 誰にも言えない

ずっと 追いかけた夢
もう 叶えたけど
何も 始まらなくて ただ ひとりで
愛 なんて言うから 迷う
いま あの日の 笑顔に 涙に
君を感じて

愛が見えたとき
なぜこんなに 君は遠いんだろう
抱きしめた波は 流せない涙

もっと 早く 気づけば 良かった
もっと 君と 心で 話せたら

愛がみえたとき
なぜこんなに 君は遠いんだろう
いつまでも君は 色褪せてくれない
きっと… ずっと…

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません