月灯りと糸車 ~Alies ol iok~

この曲の表示回数 1,514

薄れゆく記憶を 月灯りに
紡ぎ出す糸車 巻き戻せば
蘇る過去の私 今はなき家の扉を叩く
(懐かしい 家の扉を叩く)

誰かが描いた偽の絵画(ものがたり)よりも
天空(そら)の諸島(しま)に憧れた君
生死の境を彷徨う 小さな身体が
咳の病に耐えうる 最期の夜に

ただ私は願う 君が望むこと
理想(ゆめ)を叶えるLip-Auraに 祈りを託した
あの白い雲の彼方 君が見たい景色
苦しまず眠れるように 部屋(ここ)に映して

Ir o Aura, Lip-Aura.
Ir dix qules thia.
Sef wa-o neg li qules Sef.

昏い瞳の中に映り込む その影は
(Tu o i Ir ol dir?)
何処か遠く忘れてきた 昔の君と私の姿
世界を暗闇に染める恨み言を
繰り返して叫んだ――
(“Ir nen dix ir celf Ecliss o zet!.”)

弾かれて走り出した 襲いかかる刃を躱して
(突きつけられた刃は 殺意孕み)
全てを呪うだけの幼い声色
(真実の想い)
逃れる場所の無いことを悟り 私の剣が
(生きる命を羨み)
もう一人の私の首を狙い 刎ね上げた
(壊したいと 魂(こころ)が求めた)

痺れた指先と爪に食い込む血糊
足元に崩れたのは「私」でない君の肢体
この手にかけた花想(せかい)は 君の本当の理想(ゆめ)
(その手にかけた世界は 彼の本当の理想)
誰も隠したい魂(こころ)を 残酷に曝いた
(奥に隠された魂(こころ)を 斬り曝いた)
涙枯らして泣いても 謝罪(ことば)などは届かず
蒼い花は散り急ぐ 現実をただ残して

死の都市へ滅んだ 君はもう答えない
(あの月の下 糸車が回る…)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月灯りと糸車 ~Alies ol iok~ 歌手:織田かおり、霜月はるか

織田かおり、霜月はるかの新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-10-26
商品番号:KDSD-503
SMD itaku (music)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP