あえてこそ

この曲の表示回数 4,698
歌手:

中村一義


作詞:

中村一義


作曲:

中村一義


何度“現実(いま)”とやり合ってたからって、一緒にいたい。
だからね、死んでくより、そりゃ生まれる日の方がさ、
少しは…いや、多いといいなぁ。

雨に濡れる月を借りて、明日、太陽に会わせられたら、
いいなぁ…って、らしくないことでニヤけてたら、
横のあいつは、僕を見てか、ひいてた。

「排他的で軽くなる」って、だって、もう…重くなっちゃうのにね。
もう、犠牲でさ、取り引きしたって、だって、
別れよりは出会いがいいなぁ。

風に荒ぶ冬を抱え、空の夏に会わせられたら、
いいなぁ…って、もっともなことで微笑んだら、
連れのあいつも、僕見て微笑んだ。

僕らの影に光が降りるわきゃ、ない。
心を探り、想像止まりでいる光を、目の前に。

僕の君を、ここらでちょっと、君の僕にあえてこそ…。
角を曲がる慈悲が、何故か、街のバカに好かれたら…。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あえてこそ 歌手:中村一義

中村一義の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-11-18
商品番号:PHCL-5120
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP