酒場手毬うた

この曲の表示回数 3,649

転がるたびに 小さくなった
夢という名の 毬ひとつ
暗い灯影で くちずさむ
通り故郷の わらべうた
あんたがたどこサ 新宿サ
新宿どこサ
ネオン眩しい 盛り場さ

赤いルージュで 昨日を消して
今日が始まる 歌舞伎町
悔し涙の でるうちは
意地が残って いるんだね
あんたがただれサ 女だよ
女はだれサ
ここじゃ千草と いう名前

鏡にうつす 自分の顔が
母に似てきて 哀しいと
こぼすあの娘も てんてんと
街を転げて きた手毬
あんたがたどこサ 新宿サ
新宿どこサ
淋しがり屋の 吹きだまり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酒場手毬うた 歌手:瀬川瑛子

瀬川瑛子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

商品番号:CRMEG-10421
日本クラウン株式会社

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP