秋の空

この曲の表示回数 7,650
歌手:

新谷良子


作詞:

Funta


作曲:

Funta


晴れたら あのバス停 きみと見てた 秋の空
あれから どれくらいの 季節(とき)が過ぎたのだろう?

あなたが教えてくれたこと
今でも忘れずいるよ
幸せは もらうものじゃないね
誰かと つくるものだね
この闇が 明けてゆく…

晴れたり 雨ふったり 乙女心と秋の空
変わらぬものはなくて だけど 忘れないよ

あなたの空
あなたの街
あなたの夢すべて
あなたの過去
あなたの現在(いま)
どんなに遠くても

変わらぬ心縛るよりも
変わってくこと受け止めて
足りない 言葉責めるよりも
多すぎる一言(ことば) 飲み込んで
この闇が 明けてゆく…

晴れたら あのバス停 きみと見てた 秋の空
遥かな時間(とき)を越えて『ありがとう』伝えたいよ

「ありがとう」伝えたいよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:秋の空 歌手:新谷良子

新谷良子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-03-07
商品番号:LACA-5157
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP