星の余韻

この曲の表示回数 20,926
歌手:

柴田淳


作詞:

柴田淳


作曲:

柴田淳


幾千の愛の言葉 くれるのなら
その言葉を言い終えるまでの時間
黙って ただ隣りに座っててくれるほうが
今はずっと嬉しいけど

会えないあなたからのメールが 今日も
流れ星になって届いてる…

あなたに会えず流した涙の数を
夜空の星で数えたら 足りなくなった
仕方ないの分かるし 困らせたくはないけど
もうそろそろ限界かもよ

あなたは私が想う半分も愛してる?
側にある優しさに 負けちゃいそう

もし 今見てる星が存在しないなら
あなたが見てる星は あるのかな

流れ星に託した”もう待たないから。”
私は 淋しさの無い場所へと向かってた

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:星の余韻 歌手:柴田淳

柴田淳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-03-20
商品番号:MUCD-1053
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP