白い妖精

この曲の表示回数 1,934
歌手:

冬馬由美


作詞:

冬馬由美


作曲:

川井憲次


不思議ね 何故かわたし
来ていたの またここヘ
蒼い湖に ひとリきりで

二人の笑い声が
こだました 春の日々
なのに今は冬 雪の夜

白い妖精が 歌い踊るの
映る面影は あなたばかりよ

淋しさと 悲しみ
凍る わたしに
やさしさ さしのベて
闇に消える 想い…

悲しみ恐れてたら
愛せない 何ひとつ
そんな言葉など きれいごとね

こぼれ落ちた涙が
波を呼び 水面に
揺れて壊れてく 愛のよう

白い妖精が 誘い踊るわ
あなた見せる笑顔(えみ)よりもやさしい

鮮やかに甦る
遠い思い出
さよなら つぶやいて
雪と消える 想い…

永遠にこのまま
時間(とき)を忘れて
雪の子守唄に
抱かれ 眠りたいの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白い妖精 歌手:冬馬由美

冬馬由美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-11-19
商品番号:PCCG-246
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP