うた

この曲の表示回数 6,151
歌手:

大塚まさじ


作詞:

田川律


作曲:

大塚まさじ


ざくろの花のオレンジを 六月の雨がそっとたたく時
その下をくぐる僕の心は 鉛色の雲のように暗い
口ずさむ歌は煙になって 青葉の群に吸いこまれる

くたばってもいい 死んでもいい
僕の血が そっくりそのまま
声となり言葉となって
今を時代を唄うなら

降りしきる雪のホワイトが 一月の屋根をふわりと飾る時
その下で暮らす僕の心は ストーブの炎のように赤い
口ずさむ歌は匂いになって 窓ガラスにまとわりつく

くたばってもいい 死んでもいい
僕の血が そっくりそのまま
声となり言葉となって
今を時代を唄うなら

雨上がりの虹の七色が 八月のビルにほのかに笑う時
その前にたたずむ僕の心は ビー玉の縞のようにきらめく
口ずさむ歌はひびきかわして 大空めがけかけ抜けて行く

くたばってもいい 死んでもいい
僕の血が そっくりそのまま
声となり言葉となって
今を時代を唄うなら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:うた 歌手:大塚まさじ

大塚まさじの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-01-17
商品番号:MDCL-1418
ミディ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP