試聴する

さすらいの唄

この曲の表示回数 1,956
歌手:

根津甚八


作詞:

唐十郎


作曲:

小室等


「かえるが鳴くから帰るなら、
帰る家のない子にかえるは何て泣くんだろ?
やはりカエローカエローと鳴いてらあ。
帰る家のある子のために鳴いて
帰れなくなっちまったかえるもいるんだろうな」

ある夕方のこと 風が俺らに伝えたさ
この町の果てで あの子が死にかけていると
俺は走った 呼んでみたさ
だけど 俺を呼ぶ声はなかったさ

ある夜のこと 風が俺らに伝えたさ
この町の果てで あの子が死んだと
俺は走った 呼んでみたさ
だけど 俺を待つ墓はなかったさ

それからある時 風が俺らに伝えたさ
この町の果てで あの子が俺を呼んでると
俺は走らぬ 言ってやったさ
それは風の いたずらだと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さすらいの唄 歌手:根津甚八

根津甚八の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-10-21
商品番号:TECA-15546
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP