試聴する

夏の最後の日

この曲の表示回数 2,976
歌手:

久松史奈


作詞:

久松史奈


作曲:

兼元一也


高く高くお日様が 照らすグランドで
走り続ける君を見て ざわめきが遠のいた

声を掛けたら夢まで 一瞬で消えそう

誰もいない坂道を 歩きながら
擦れ違う君の風で もう息が出来ない

なんて小さな恋なの 触れたら壊れそう

いつの日からか 互い親しげに
呼び合えるようになった 夏の最後の日

雨でぼやけた街路樹 曲がったふたり
何かもの問いた気なまま いつも別れた

何度も何度も後ろを 振り返りながら手を振った

いつからだったか 互い悩みを
打ち明けるようになった 秋の静かな夜

空に一番輝く 同じ星を見て
肩と肩が触れ合って もう君しか見えない

今夜ふたりは初めて 寄り添って眠りに落ちた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の最後の日 歌手:久松史奈

久松史奈の新着情報

  • FALLING LOVE / ♪I know 降り出した雨は
  • 子守歌 / ♪落ちていきそう愛という
  • I'M HERE / ♪赤いレンガが私の家よ
  • CRAZY DOG / ♪ヘビーブロンドの巻き毛に
  • WE ARE ALONE / ♪遠い Story あれは Dream

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-10-21
商品番号:BVCR-640
BMGビクター

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP