試聴する

七草の詩

この曲の表示回数 5,927
歌手:

城南海


作詞:

城南海


作曲:

城南海


桔梗の蕾が綻ぶ頃
あなたと花野歩いていた
吹き抜ける風は色づいて
七草の詩をしたためる

太陽が暮れて こぼれる涙
月明かり照らすは 萩の白露

溢れ溢れて 想いは海へ
流れ流れて あなたのもとへ
巡り巡りて 届けておくれ
歌ば歌ゆん 我きゃ加那へ

貴方が残した藤袴の
香りを纏って眠りにつく
夢に誘われ見た蝶は
撫子の如く可憐に舞う

思い草は咲き乱れて
月明かりを浴び 薄は伸びゆく

溢れ溢れて 想いは海へ
流れ流れて あなたのもとへ
巡り巡りて 届けておくれ
歌ば歌ゆん 我きゃ加那へ

葛の花は色、移ろい
この美しい季節も 移ろいゆく

溢れ溢れて 想いは海へ
流れ流れて あなたのもとへ
巡り巡りて 届けておくれ
歌ば歌ゆん 我きゃ加那へ

愛しき人よ いつまでも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:七草の詩 歌手:城南海

城南海の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-16
商品番号:PCCA-4443
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP