試聴する

光の速度

この曲の表示回数 1,544

昨日からちょっと
昨日からちょっと
頭おかしくなって
おかくなっている

昨日からちょっと
昨日からちょっと
街が騒がしくって
とてもまいってる

走り抜けた
なんでかって僕も分からないけれど
飽和気味の厭世感とかすれた空気を
肺の中に取り込んで動き出した

このまま光の速度を超えても
体を抜け出し心が翔けても
自由なんてないだろうそこに
自由なんてどんなもんだろう
なんて

異常だなちょっと
異常だなちょっとあなた
おかしくなって
おかしくなっている

正常だよきっと
正常だよきっとあなた
多数決とってみたらすぐわかるよ

何してたって鳥籠の中
心も詰まる
慣れかけている閉塞感と安堵を
天秤にかけるけどいつも答えは見れないよ
このまま暗闇の底に落ちても
焦らないでいいんだよ 羽など生えないよ
自由なんてそうだろう?そうだろう
賢く生きているだけ

走り抜けた
なんでかって僕も分からないけれど
ほんの少しの高揚感と澄んだ空気を
肺の中に詰め込んで動き出した

このまま光の速度を超えても
体を抜け出し心が翔けても
何も世界は変わりはしないだろう
だからこそ僕はより速く翔けるよ
幻想だっていいんだよ それは
気づかれもしないだろう それは

自由なんてそうだろう?
自由なんてそうなもんだろう

なんて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:光の速度 歌手:図鑑

図鑑の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-11-09
商品番号:FOCD-38
UP RISE

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP